ロッレクス オイスターアンティーク

バブルバック - 自動巻の機械はローターが存在するためその草創期かなり厚さがあり、泡状に膨らんだ形状の裏蓋を使用して収納した。これをバブルバックと俗称する。1930年代から1950年代の製品。後には膨らみが小さくなったセミバブルもある。デザインが可愛いため人気がある。


posted by jin at 10:35 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。